(1)ライトクリーンを買って、作製してみた。

犬の白内障の目薬 ライトクリーンを通販で購入してみました。

ライトクリーン

 

購入先は楽天です。この薬は動物病院でなくとも購入できるようです。


 

外箱の様子です。表面と、

ライトクリーン

 

裏面です。

ライトクリーン

 

 

箱には、薬本体と説明書が入っています。薬は、顆粒と溶解液に分けられていて…

 

こちらが顆粒成分です

ライトクリーン

 

こちらが溶解液成分です。

ライトクリーン

 

説明書もあります。

ライトクリーン

 

箱から、中の薬品を取り出す様子です。

ライトクリーン

 

 

(2)ライトクリーンを自分で作ってみた(顆粒と溶解液の調合)

 ライトクリーンは、使用の直前に調合することで、保管期間が伸ばせるように顆粒成分と溶解液成分にわけて入っています。薬の使用者は、この顆粒と溶解液を混ぜる必要があります。実際に薬を調製してみました。

 

 

作製手順は以下の要領です。

 

@ まずは、溶解液容器のキャップをとりはずし、顆粒の入った容器の口の部分を向こう側に折って、顆粒が出る状態にします。
A 上記の顆粒をキャップを開けた溶解液容器にザラザラといれます。
B 容器のキャップをよく閉めます。
C 顆粒と溶解液の入った容器をよく振ります。完成です。

 

試しに滴下してみます。滴下するときは、上側のキャップをはずして滴下できるようにします。当然ですが、キャップ全体をはずしてしまうと、目薬がドバドバと出てしまいますので、注意が必要です。

 

目薬は、黄色の液体でした。

 

<ライトクリーンの情報>

商品名 ライトクリーン
製造販売元 千寿製薬株式会社
今回購入したお店 くすりの勉強堂@最新健康情報
成分・含量 [ 顆粒 ] 1包(87mg)中ピレノキシン0.75mgを含有/添加物としてタウリン、ホウ砂及びホウ酸を含有[ 溶解液 ] 添加物としてホウ酸、イプシロン-アミノカプロン酸、パラオキシ安息香酸メチル、クロロブタノール、塩化カリウムを含有
内容量 顆粒 1包(87mg)×1、溶解液 15mL×1
用法及び用量 顆粒を溶解液に用時溶解し、1回1〜2滴、1日3〜5回点眼する。