犬に白内障の目薬を処方するのに、目薬をささないといけません。

 

自分(人間)に点眼するのと違って、目薬されるのが自分以外で、しかも犬なので、最初は大変な場合があるようです。

 

犬への目薬のさし方

動画サイトYoutubeをみてみると、犬への目薬のさし方を説明しているものが、いくつもあって参考になります。

 

以下のものが、参考になるでしょう。

 

いくつかの目薬のさし方のパターンがあって、どれも、うまく目薬が点眼できています。きっと、犬が目薬に慣れてくるかどうか、が一番のポイントのようです。

 

 

それでも、ベストな犬への目薬のさし方とは…

 犬が目薬に慣れるのが、一番目薬をさしやすくする方法のようにみえますが、それでも、恐らく、ベストな方法を下記にまとめてみました。 

 

1.犬を座らせる。
2.自分(飼い主)は、犬の後ろにポジションを取る。
3.犬の顔を上に向かせ、点眼する側の眼をあける。
4.点眼する。
5.犬の眼を閉じさせ、1分間、目を閉じたままにする。
6.目の周りのあふれた目薬を、ティッシュ等で拭き取る。
 ↓
 終

 

ここでのポイントは、
「2.自分(飼い主)は、犬の後ろにポジションを取る。」
「5.犬の眼を閉じさせ、1分間、目を閉じたままにする。」

 

ということになると思います。

 

後ろにポジションを取るは、他の動画に説明がなされているので、割愛します。

 

「5.犬の眼を閉じさせ、1分間、目を閉じたままにする。」は、
のは、犬が目をパチパチして、せっかくさした目薬を外に流れださせるのを防止して、目薬を行き渡らせるためです。